玄関は家の顔




1.玄関は家の顔

■玄関の汚れの原因


玄関は家の顔。訪れた人に「掃除が行き届いていない家」という印象を持たれないように、まずは玄関の掃除をしっかりやるようにしましょう。 玄関はドアを開け閉めするたびにさまざまな汚れの元が入ってきます。一番は砂埃。家のすぐそばに土がなくても靴に付着して入ってくる場合があります。 そして、手垢も要注意。靴を履くときに壁や扉に手をつく習慣をつけてしまうと、やがてそこが黒ずんだ汚れとなってしまいます。

■まずは整理整頓のクセづけ


玄関掃除の基本は整理整頓。履かない靴や傘、家の外で使う道具などはほったらかしにしていませんか? 使わないものは潔く処分し、履かない靴は下駄箱の中、傘は傘立ての中に収納しましょう。 また、玄関に写真や飾り物をたくさん置きすぎるとほこりが目立ちやすくなります。 玄関に飾るものは厳選された数点のみにし、残りは別の場所に移動させましょう。

■掃き掃除と拭き掃除


玄関のたたきの上につもった砂埃や土埃は箒で掃いて掃除をします。これらは時間が経つと水分によって頑固な汚れになってしまうので、 できるだけ乾いているうちに片づけてしまいましょう。たたきに汚れがこびりついてしまっている場合は、拭き掃除をする必要があります。 水を流せる玄関ならば、水を流してブラシで掃除をするのが簡単ですが、あまり長い間玄関を塗れたままにしておくと、 新しくはいってきた土埃が水とまじりあって新しい汚れになってしまいます。汚れがひどい場合は、住宅用洗剤を少し吹きつけるとよいでしょう。 下駄箱の上や扉、玄関の扉なども徐々にほこりや手垢で汚れてくるので、日を決めてハンドモップや雑巾で拭き掃除を行います。気づいたときに掃除ができるように、簡易な掃除グッズは近くに置いておいても良いかもしれません。それが乱雑になってしまっては本末転倒ではありますが・・・。

■臭い対策


玄関の臭いが気になる場合は、重曹を小皿に入れて下駄箱の中などの目立たない場所に置きましょう。重曹が臭いを吸い取ってくれます。 もちろん市販の消臭剤でも良いですが、重曹は安価で、他の箇所の掃除にも役立つ便利グッズです。さらにエコを追求するなら、イチゴの入っていた容器を再利用したりするのも良いでしょう。容器に重曹を敷き詰め、こぼれないよう蓋がわりに生ゴミ用袋の不織布を糊づけします。

<オススメの重曹>

シャボン玉重曹(シャボン玉石鹸)
お鍋のコゲ落としや魚焼きグリルの汚れ、換気扇やガスレンジの汚れ落としに使えるだけでなく、生ごみやまな板、冷蔵庫やトイレの消臭にもお使いいただけるなど、生活の様々なシーンで活躍してくれる上に、環境にも優しい商品です。

参照元:https://www.shabon.com/lp/natural_cleaning/